読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ochang1977の日記

現在都内でデザイン関係の仕事をしています。昨年秋まで約5年間台湾で生活していた関係で、ブログの日記も台湾で経験したことなどがメインテーマになるかもしれませんがどうぞよろしくお願いします。

MENU

熊本地震

 

2016年4月14日午後9時26分、九州熊本を震源とする巨大地震が発生した。2011年3月11日発生の東北大地震から約5年経ってまたしても日本を巨大な地震が襲った。地震国といわれ微弱な地震は未発表のものを含めると夥しい数発生しているのだろうが、家屋倒壊といった甚大な被害をもたらす巨大地震がこのような短い年数のスパンで起こるとは…近い将来起こると言われている東南海大地震の前兆なのか?しかも地震はいつ起こるか分からない、発生を予測して万が一いつ発生しても大丈夫なように大事なものや非常食などを用意している人もいるかもしれない。だが実際に本当に巨大地震が起こったときに一体どれだけの人が冷静に判断して避難等の行動を起こせるだろうか?東北大地震以降ある程度の規模以上の地震が発生した際には携帯電話あるいはテレビ画面から警告音が流れるようなサービスも行われているが、発生数十秒前に、どれぐらい大きな地震が来るかも分からない状況で本当に人々は慌てずに避難できるだろうか?

人々が寝ているであろう深夜の時間帯に起こった際には、どれだけ事前に準備していても倒れた家具などの下敷きになってしまえば、避難など不可能であろう。

今回の地震発生および甚大な被害を受けてしまった熊本地方の映像を見ていて、改めて東北大地震の際に感じた疑問が湧いてきた。

それは地震発生を正確に予測することはできないものだろうか?という疑問である。現代の科学技術をもってしてもやはり不可能なのであろうか?今回4月14日に発生した震度7地震気象庁は当初「本震」と発表していたが、その後16日深夜に発生した震度6強地震を「本震」先の地震を「前震」と訂正した。先の地震が本震だと言われ、それに対して無事だった市民が後に起こりうるのは余震だろうからまだ何とかなる、大丈夫だと思った被災者は少なからずいたはずである。2回目の地震後より多くの死者が出てしまった状況を見ると、1回目を本震だと思い、それで安心してしまった方々も多いのではないだろうか?

今後も起こるであろう巨大地震に向けて正確な予測はできないものか?宇宙工学が発展しNASAなんかは地球から何十億光年も先の宇宙の状況を研究しているのに、なぜ地球の内部のことはわからないのだろうか?もちろんたとえ予測ができたとしても無駄に人々の不安を煽る可能性もあるので公表には細心の注意を払うべきである。しかしながら事前に予測できれば予測無しの突然発生に比べて助かる人命は圧倒的に増えるはずだ。地質学がより向上し地震予測の研究がすすみ将来的に正確な地震発生を予測できる状況になることを切に願ってやまない。