読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ochang1977の日記

現在都内でデザイン関係の仕事をしています。昨年秋まで約5年間台湾で生活していた関係で、ブログの日記も台湾で経験したことなどがメインテーマになるかもしれませんがどうぞよろしくお願いします。

MENU

アートアクアリウム

 この週末にいま日本橋三井ホール(コレド室町1の5F)で開かれているアートアクアリウムという展示を見に行ってきた。展示タイトルは、アートアクアリウム2016~江戸・金魚の涼~&ナイトアクアリウムとなっている。

アートアクアリウム”って聞きなれない言葉だけど、そのまま訳すとアート・芸術の水族館。今年はアートアクアリウム誕生10周年の記念祭らしく、同時期に大阪と金沢の21世紀美術館でも同様の展示が行われているようだ。ウェブサイト情報だと、特に大阪と東京では、約70種8000匹の金魚が展示されているらしい。

金魚っていったら、幼少期に夏祭りで金魚すくいして上手くすくえた4~5匹を家に持って帰って育てた覚えがあるが、今回見た展示はそんな幼少期の記憶に残っている金魚とは全く違う。そもそも金魚だけでそんなに何種類もいることすら知らなかったのだが...金魚といえば小さくて可愛いイメージだが、今回展示されている金魚は基本的に皆大きい。中にはフナかと見間違うぐらいの大きな金魚もいた。後でいろんなサイト調べてみたのだが、僕らが幼少期に夏祭りの屋台ですくっていたのは、おそらくもっともポピュラーな和金といわれるもののようだ。あとは出目金ぐらいしか知らなかったが、他には朱文金、コメット、琉金などといったいろんな種類の金魚がいるらしい。

f:id:ochang1977:20160725234500j:plainf:id:ochang1977:20160725234535j:plain

今回のアートアクアリウムはそういった珍しい金魚たちを読んで字のごとくアーティスティックに展示してある。様々な形状の水槽の中で、工夫を凝らしたLED照明によって幻想的に照らし出される金魚たち。優雅に泳ぐその姿を眺めていると外の暑さを忘れるぐらい涼し気な雰囲気を味わえる。週末ということもあり多くのお客さん達でにぎわっていたが、中には浴衣着用して入場しているカップルも多かった。どうやら日本橋エリアで、「ゆかた・アートアクアリウム特典」として、いろんな施設や店舗にて、浴衣特典があるらしい。

f:id:ochang1977:20160725234648j:plain

f:id:ochang1977:20160725234719j:plain

また今回行った時間帯が夕方5時頃でちょっと中途半端だったのだが、夜7時以降は会場内に併設されてあるバーが開店するので、会場内でドリンクを楽しみながら展示を見ることもできるようだ。浴衣を着てお酒を楽しみながら美しい金魚たちの舞いに酔いしれる、なんていうのも都会ならではの夏の風情の感じ方としてとっても良いかもしれない。会期が9月25日までなので、チャンスあれば今度はナイトアクアリウム鑑賞にチャレンジしてみようと思う。 

アートアクアリウム(東京日本橋)ホームページ】

http://artaquarium.jp/nihonbashi2016/